死を語り合う読書会

 

ならまち終活カフェ
SHUKATSU-CAFE

終活カウンセラーが死に関する書籍をご紹介。
お集まりの皆さまでその内容をシェアしつつ、読んでの感想や関連するテーマをあげて、さまざまに語り合えたらと思います。
 
今回取り上げる書籍は
柏木哲夫著
『「死にざま」こそ人生~「ありがとう」と言って逝くための10のヒント』
(朝日新書、20118月刊行)

著者は日本で初めてホスピスを立ち上げた、終末期緩和ケアの第一人者。
本書は、自身がホスピスで経験した約2500名の看取りの事例をもとに、さまざまな死のあり方を考察しています。

楽しく、だけどちょっと真面目に、「死」について書籍を通じて考えてみませんか。

講師

山之口 恭代
Yasuyo Yamanokuchi

「一昨年実父が急逝し、相続手続きや家族との関係に悪戦苦闘… 当事者として改めてエンディングノートの大切さを知りました。わたくしの経験も踏まえ、若い世代にも終活とは何か、そして家族とのコミュニケーションの大切さをお伝えしています!」

エンディングノートセミナーの山之口恭代先生

 
・一般社団法人しらゆり 代表理事
・一般社団法人終活カウンセラー協会認定 上級カウンセラー
・しらゆりセレモニー セレモニースタッフ

日時

2018年11月10日(土)17時30分〜19時30分
 

受講料

1000円 / 回(税込)
*お茶とお菓子つき
*当日現金にてご精算ください
 

持ちもの

・筆記用具
・今回の書籍(すでにお持ちの方)
*書籍をお持ちでなくても参加できます。特に注目したい部分を一部コピーして、当日配布いたします。
 

お問い合わせ・お申し込み

「死を語り合う読書会」についてのご質問やお申込みは、下記連絡先へお願いいたします。
・メール:sirayuri.y.y@gmail.com
・電 話:080-3775-3088(山之口恭代)*「町家貸スペースぼたんのサイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。
 
■主催
一般社団法人しらゆり
〒630-8442 奈良市北永井町390‐1
担当:山之口恭代(やまのくちやすよ)
Facebook:https://www.facebook.com/events/325510838013972/