にちつむ読書会 vol.1 

 
日々紡々
にちにちつむつむ

にちつむがお送りする、夜のつどい場。
「死」をテーマに語り合う、大人のための読書会です。

終活カウンセラーが死に関する書籍をご紹介。集まった皆さんでその内容をシェアしつつ、読んでの感想や関連するテーマをあげて、さまざまに語り合えたらと思います。

今回取り上げる書籍は…
幡野広志 著
『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる』
(PHPエディターズ・グループ、2018年9月刊行)

著者は狩猟免許を持つ写真家。
幡野さんは2017年34歳の時、末期がんと診断され余命3年の宣告を受けました。幼い息子に向けて何か残したいと、ウェブ発信された言葉の数々が反響を呼んでいます。
本著は、子どもを持つ親として、また一人の人間として、限られた命と向き合いながら今を生きる、幡野さんの素直な想いがつまっています。

今回の書籍をお持ちでなくても参加可能です。皆さんで共有したい部分を一部コピーし、当日配布いたします。
どなたでも参加できる、気取らないゆる~い読書会です。かまえず気楽にお越しください(^^)
 

講師

山之口 恭代
やまのくち やすよ
 
エンディングノートセミナーの山之口恭代先生

夫婦で小さな葬儀社を経営。2016年終活カウンセラーの資格を取得。お葬式の専門家として、また親の介護・葬送を経験した当事者として、実体験に基づく終活講座をはじめる。2017年度より「ならまち終活カフェ」を開始。世代を超え、より開かれたつどい場を目指し、2019年春「日々紡々」として再スタート。
 
・一般社団法人しらゆり 代表理事
・キリスト教専門葬儀社しらゆりセレモニー セレモニースタッフ
・一般社団法人終活カウンセラー協会認定
 上級終活カウンセラー/エンディングノートの書き方講師
 
「日々紡々につどう方々がともに学び合い、励まし合って、唯一無二の人生を紡いでいかれることを、心から願っています。私の力はささやかですが、そのお手伝いをさせていただきます。」

日時

2019年6月14日(金)17時30分〜19時30分
 

参加費

1000円 / 回(税込)
*お茶、お菓子つき
*当日現金にてご精算ください(お釣りの無いようご用意いただけると助かります)
 

持ちもの

・筆記用具
・今回の書籍(すでにお持ちの方)
*書籍をお持ちでなくても参加できます。特に注目したい部分を一部コピーして、当日配布いたします。
 

お問い合わせ・お申し込み

「にちつむ読書会」についてのご質問やお申込みは、下記連絡先へお願いいたします。
メール:sirayuri.y.y@gmail.com
 
 
■主催
日々紡々(にちにちつむつむ) 主宰 山之口恭代
運営:一般社団法人しらゆり 〒630-8442 奈良市北永井町390-1
Facebookページ:https://www.facebook.com/events/449535315620818/